中学2年生SECONDARY 2

入試の核となる単元を先取りしつつ、丁寧なフォロー。受験学年へ成長を促します。

時間割(2018年度)
曜日 科目 時間
中2英語 18:40-20:50
中2国語 18:40-20:50
中2数学 18:40-20:50
中2数学 18:40-20:50
中2理社 16:50-18:50

※授業は選択履修制度
2019年度時間割(pdf形式/592KB)

数学

中学数学の双璧、「1次関数」と「平面図形」。 それぞれの基本は出来ていても、2つが混ざると手がつけられなくなる人は多いことでしょう。 そうした内容である「座標幾何」を早めに習得してもらい、一次関数を一段上のレベルで考えられるようにしてもらいます。

国語

文章の難易度が上がるとともに、古文が登場します。 中2の中だるみとよく言われるところですが、特に国語は勉強がおろそかになりがちです。 最初のとりかかりを大切にしながら、入試を意識した国語力の養成を続けていきます。 作文力養成や定期試験対策にも万全を期します。

英語

一般に高校入試に必要な知識の7割がこの中2で登場します。 特訓クラス(Sクラス)では、年度前半までは中学2年生用のテキスト、後半からは中学3年生用のテキストを使用し、中学英文法の重要事項の早期習得を目指します。 レギュラークラス(Rクラス)では、中学2年生のテキストを使用し、中学英文法の基礎固めを行います。

理科/社会

どんどん分量が多くなっていく理社は、内申点対策の定期試験の勉強も大切ですが、受験で必要とする場合には定期的な復習の機会が必須です。 加えて、入試に特化した過去問などを使用した授業も中2から指導していき、公立トップ校合格への基礎固めをしていきます。